もちっこのーと再開しよう

2年半ぶりくらいかな。

いままでツイッターを通じて犬や鳥やデグーの話を描いてきたけど、ツイッターをやめたので、今後ブログに戻るかもしれない…かな。

コザクラインコのパピが2012年6月に亡くなり、コザクラインコの日夏がやってきた。シルバー文鳥の文鳥も来た。デグーのさんごがなくなった。パピの記事を書こうと何回も挑戦したけどおもいをまとめられずにこんなに時間が経ってしまった。

パピはグリとともに海外転勤される方が連れていけないからと、2004年に譲り受けた子で、もぐちゃんと仲良くなった。もぐに先立たれ飼い主(わたし)と仲良くやっていたけど、腫瘍ができてどうにも手術もできず。最期はフォーミュラーを飲んでも生きていたけれど、亡くなった。

パピとグリの元飼い主さんがこのブログを見ているかわからないけど、遅くなってしまったけど、やっぱり、私がその飼い主さんの立場だったら今どうしているか知りたいので、書きました。メールアドレスも10年も経つとわからなくなってしまって申し訳ない。。それだけが心残り。(いつでもご連絡くださいね→メール

ニューフェイスの2羽。

_IGP5996

日夏(ひなつ)。

IMG_6666

文鳥(ぶんちょう)。

またちょこちょこ書いていきたいな。

お仕事などで描いたイラストは Macaws.jp で公開しています。

本日のみなさん

iPhoneで、気軽に撮った写真だけど。
たまにこういう風に全員の写真を撮って並べておきたかった。
あとから見てあぁこうだったな、このときは…なんて思い出したい。

一眼レフで撮ろうなんて思うとまた億劫になっちゃうんだよね。気軽でいいじゃんw
また、一眼レフで改めて撮ろうとは思う。

ただポテト(オカメインコ)と、さんちゃん(デグー)がカメラを怖がって今回はなし^^;

 

 

☆この日は全員の爪を切った。
体重測定もした。

爪切り後、呆然とするレノ

レノちゃん、この日129gだったけど…!!!!

で、レノちゃんとイリーナ(いっちゃん)、しばらく前からいっちゃんはレノのことが好きで口説いていたんだけど、ついにレノに受け入れられ(?)、交尾しておりました。!!

レノをくどくいっちゃん

 

“ピーピポピーピポ! ピーピポピーピポ! ピーピポピーピポ!”

もっと楽しいお歌、口笛で吹けたのに、オリジナルソングで突き通す彼です。

パピ(コザクラインコ)

papi.jpg

名前 パピ
通称 パピポ
鳥種 小桜インコ(WFコバルトバイオレットシングルファクター)
性別
生年月日 2002年4月1日(8歳)
体重 55g

海外に転勤というかたがどうしても連れて行けないということで(外国へは、なかなか難しいですよね…)我が家に小桜インコのグリちゃんとともにやってくる。2羽はとても仲良し。
現在はもぐと仲良しでペアです。
お互い譲り合って(もぐが女の子にしては控えめなので)見ていてかわいらしいペアです〜

もぐ(コザクラインコ)

mogup.jpg

名前 もぐもぐ
通称 もぐちん
鳥種 小桜インコ(WFオーストラリアンシナモンモーブ)
性別
生年月日 2002年8月26日(8歳)
体重 65g

DSC00688.jpg

もぐ。元職場にブリーダーさんが連れてきたたくさんの小桜のヒナのなかの1羽。一目惚れして、我が家の子に。

ヒナの頃からでっかくて、袖の中に潜り込むのが好きだったので「もぐ」と命名。しばらくもぐと二人暮らしだったんだけどあんまり仲良くなれず、実家に帰ってからもぐパピちゃんと出会い仲良くなって、私は忘れ去られました…がっくり。

でも、もぐが幸せで仲良しでいられるんならいいよ〜。(2回ほど巣引きしましたが、雛は産まれてきませんでした。全部無精卵…)

mogu.jpg

もぐのケージにはトイ・ジャングルと呼んでも差し支えないくらい、おもちゃをたくさん入れていました。臆病なもぐにとっては安心できる木陰になっていたかなぁ〜?